媚薬とはどう違うのか | 女性でもバイアグラを使うことができる!?ラブグラで不感症を治療

媚薬とはどう違うのか

様々な種類の錠剤

女性器へ流れる血液の量を増やすことで、冷えやすくなってしまっていた状態を改善し、これにより不感症を改善することができるラブグラ。
ラブグラは女性器の感度を高める効果もありますが、似たような印象がある医薬品では媚薬がありますよね。
媚薬は昔から様々な男性や女性の間で注目されているものですし、インターネットでは媚薬を販売している通販サイトも存在していますよね。
なんだか似たようなイメージがあるラブグラと媚薬ですが、ラブグラと媚薬は一体どのような違いがあるのでしょうか。

そもそもバイアグラというのは、男性が性行為を行うときに勃起しやすくなるようにサポートをしてくれる効果がある医薬品です。
女性用のバイアグラであるラブグラの場合、女性が感じやすくなるようにサポートしてくれる効果があり、性的な刺激を受けないとその効果を実感することはできません。
これに対し、媚薬は主に性欲を高めることを目的として作られた医薬品で、ラブグラと同じように濡れやすくなったり感じやすくなったりしますが、媚薬には直接感じやすくさせる効果があります。
そのため、性的な刺激を受ける受けないに関係なく、興奮して感じやすくなるため、ここがラブグラとの大きな違いになります。
つまり、直接感じやすくさせるか、間接的に感じやすくさせるかといった違いがあるというわけなんですね。

ラブグラを服用することによって、媚薬のような効果が現れるのでは?と不安に感じていた女性もいるかもしれませんが、ラブグラと媚薬は異なるものです。
ラブグラを服用したからといって常に感じやすくなってしまうわけではないので、安心してくださいね。